キャッチコピーに使える様々な要素(保存版)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

チラシやPOPでアピールしたい

あなたの商品、サービスの売り

なんでしょうか?

 

「安い」ことでしょうか?

「美味しいこと」でしょうか?

「劇的な改善」がなされることで

 しょうか?

 

人を惹き付けるキャッチコピー

要素は様々あります。

 

いままでにも例えば、

 

新しいことをアピールする方法

5W2Hでキャッチコピーの要素を

見つけ出す方法

 

などもお話ししました。

 

今日は、このキャッチコピーの

集大成的な記事になります。

 

おそらく解説していくリンクが

増えるので進化しつづける記事に

なるかと思っています。

 

つまり、

この記事をプリントアウトして

「これあるな」と思ったら、

チェックして、横に具体的に

書き出すだけでOK。

 

あなたのチラシやPOPで

アピールするキャッチコピー集が

いとも簡単に完成してしまうもの

になると思います。

 

ではどんどん行きますね。

 

必要と思われるところは、これから

詳しく解説してその記事のリンクを

つける予定です。

 

◉安いもの

人は安いというだけで魅力を

感じますが、理由も必要になりますね。

詳しくはこちらでも解説しています。


◉美味しいもの

これはストレートに「うまい」と

言っても共感されない可能性が

あり、表現方法にコツがあることを

こちらでお伝えしました。

 

◉新しいもの

新商品や新発売など、人は

「新しい」というだけで魅力を

感じます。表現方法などについては

こちらで解説しています。

 

◉古いもの

歴史、伝統、年数、など古いもの、

古くからあるものにも魅力があります。

詳しくはこちらで解説しています。

 

◉安全なもの

食べても安全、使う時に安全など

安全がアピールできるものです。

 

◉手作りのもの

大量生産が当たり前だからこそ

こうして手間ひまかけたものは

とても魅力に感じます。

 

◉自然なもの

同じ様にやはり人工的に

作られているものが多いなかで

自然から(そのまま)採られた

あるいは、作られたものは、とても

魅力的に感じます。


 

◉地元のもの

地産地消のように地元のものを

優先したい気持ちは住んでいる方や

訪れる方、多くの方が感じるものです。

 

◉季節のもの、旬のもの

ほとんどの食べ物などは1年中

食べられるのですが、本来必ず

季節や旬というのがあって、味や

健康面に良いものと感じられます。

 

◉人気の高いもの

みんなと同じ流行に乗りたい

乗り遅れたくないというのが、

誰もが思うところです。

何がいま人気なのかは、とても

気になるところです。

 

◉ランキングがついているもの

上と同じ理由でもありますが、

特に1位、2位、3位あたりを

示してやると、人は買いやすい

目安にもなります。

 

◉オンリーワンのもの

ここでしか買えない、手に入らない

ものというのもとても価値を高く

感じます。

 

◉ファーストワンのもの

国内初など、最初にできたもの

認められたものはやはり価値を

高く感じられるものです。

 

◉ナンバーワンのもの

ナンバーワンは国内売上ナンバーワン

などばかりではないです。(そんな

ものはほとんど少ないです。)当店

人気ナンバーワンでもいいし、

スタッフが選ぶナンバーワンなど

いくらでも作ることができます。

 

◉限定のもの(希少性があるもの)

数が限られているもの、期限が

限られているものはそれだけで

とても価値を感じてくれるものです。

こちらでも詳しく解説しています。

 

◉資格や権威があるもの

権威があるもの、それを証明する

ものがあるととても強いコピーに

なります。

 

◉量が多いもの

量が多いというのも簡単にお得感を

感させる一つの方法です。

 

 

ほかにも

 

◉スタッフが紹介しているもの

◉作り手の思いが伝わるもの

◉美しくなれるもの

◉健康になれるもの

◉便利なもの

◉簡単なもの

 

などなどもあります。

 

ここで単に、これらの要素を

キャッチコピーとしてうたうのも

効果があることなのですが、

 

さらに、可能なものについては

 

なぜそうなのか?

それだからどうなるのか?

 

まで踏み込んだ説明をすることも

大事です。

 

お客様は、「納得」することにも

なりますので、より買いたくなる

ことにもつながります。

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ