キャッチコピーを生み出す7つの質問(製品・サービス編)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。


 

今日はPOPとポスターをコンサル

したクライアントさんお二人から

とても嬉しいニュースがありました。

 

どちらも、アドバイスによる修正で

修正前の2倍以上の売上が上がった

とのことです。

 

片方は主にレイアウト上の問題

片方は主に配色の問題をそれぞれ

解決しましたが、このような結果に

つながりました。

 

POPやチラシの販促ツールは

ちょっとしたことで反応率などが

本当に大きく変わってきます。

 

貢献できたのもうれしいですが、

面白いですよね。

 

事例は、整理してから、そのうち

まとめてお見せしたいと思います。

 

販促ツールコンサルティング

 ついてはこちらをご覧ください。

 期間限定お試しキャンペーン中



さてさて、今日のお話は、

キャッチコピーについてです。

 

前回、解説したのは、

キャッチコピーに困ったときの

7つの質問についてでした。

 

今日は、この質問について、

製品・サービスにフォーカスをして

掘り下げてみたいと思います。

 

 

おさらいですが、7つの質問とは、

5W2Hのことで、

 

WHO=誰が

WHEN=いつ

WHERE=どこで

WHAT=何を

WHY=なぜ

HOW=どのように

HOW MUCH=いくらで

 

でした。

 

ここにさらに、

 

WHOM(だれに)

HOW MANY(どのくらいの量)

 

も加えるとさらに深く把握できる

という話もしました。

 

前回は、見込客・お客様に関する

7つの質問でしたが、

 

今日は、製品(商品)やサービス、

そしてお店や生産者に関しての質問の

バージョンになります。

 

製品やサービスや生産者に関しての

7つの質問とはこういうものです。

 

 

WHO

その製品は誰が作ったのか。その

サービスは誰が提供するのか。

生産者、施術者などをアピールする

ことはできないか。(受賞歴、年数、

資格など)    

 

WHEN

提供されている時間帯、や期間、

時期などでアピールできるポイントは

ないか(時間が早い、深夜まで営業など)

 

WHERE

産地の特徴やお店の立地条件・アクセス

などはアピールにならないか。

 

WHAT

製品やサービスの特徴は何か。

性能、スペック、などについて。

競合他社との優位性はないか。

 

WHY

なぜこの製品、サービスを作ろうと

思ったのか提供しようとおもったのか。

そこに込めた気持ち、ストーリーなど。

 

HOW

製品の作り方や、サービスの提供方法に

(他社と差別化できる)特徴はあるか?

開発秘話みたいなものがあるか?

 

HOW MUCH

価格に特徴をだしているか。

(安く提供している、高くても充実の

 内容など納得させる理由があるか)

 

 

そして今回も1W1Hの追加が

できます。

 

WHOM(だれに)

特にどんな方に使ってほしいのか。

(見込客への呼びかけ) 

 

HOW MANY(どのくらいの量)=

提供する数量で特徴をだせないか

(提供する時期、数量の限定性など)

 

これらの質問もそう多くの時間は

かからないと思います。

 

ただ自社製品でない場合など、

少し準備が必要になります。

 

パンフレットやインターネットなどで

情報を集めるということですね。

 

(ご参考まで

 以前POP広告のブログで

 メーカーからの情報収集の方法に

 ついて記事を書いています。)

 

こちらの製品・サービスに対する

質問でもたくさんのキャッチコピーの

要素が見つかりますので、ぜひ

試してみてください。

 

 

 

フェースブックページ