キャッチコピーを思いつかないアナタを救う魔法の7つの質問

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

キャッチコピーを作ろう!と思っても、

なんとなく考えているだけでは

思いつかないし、数も出てこないものです。

 

今まで作ってきたキャッチコピーを

変えたいと強く思うのに、今まで使った

言葉に引っ張られ同じようなものしか

思い浮かばないという経験もよくあると思います。

 

そんな時でも、あるカンタンに答えられる

7つの質問で、目新しいキャッチコピーが

大量に生み出せるとしたらどうでしょうか。

 

しかもこの後、あなたがすることは、

ただ単に、質問の回答をキャッチコピー欄に

あてはめることだけなのです。


そんなにカンタンなのに、とても斬新な

キャッチコピーが大量に作れ、その結果、

多くの新しい見込客にアピールしていくことが

可能になります。

 

その質問とは、いったい何かというと


中学時代の英語を思い出してしまう、

ずばり5W2Hです。

 

5W2Hとはなんだったでしょうか?


WHO=誰が

WHEN=いつ

WHERE=どこで

WHAT=何を

WHY=なぜ

HOW=どのように

HOWMUCH=いくらで

 

でしたね?

 

 (まったく余談なので、本当に読まないでください。

 関西人がやると〈関西の方すみません〉)

 WHO=誰がやねん!、WHEN=いつやねん!、

 WHERE=どこがやねん!、WHAT=何がやねん!

 WHY=なんでやねん!、HOW=どないせいっちゅうねん!

 HOW MUCH=なんぼのもんやねん!!、と

 エキサイトしていくという冗談を今急に思い出しました。)

 


とにかくこの5W2Hの質問に答えて

いくとカンタンにキャッチコピーに

できる要素が見つかります。

 

そして大事な点ですが、

質問の対象は2方向にわかれます。

 

一つは見込客・お客様にフォーカス

して質問すること。

 

一つは製品(商品)やサービスに

フォーカスして質問すること。

 

両方やってみるととても幅広く、そして

容易に、キャッチコピーにできる要素

見つかります。

 

お客様にフォーカスするときは、

 

WHO=誰が買いたいと思うのか、

    必要としているのは誰か

 

WHEN=どんなときに使われているのか

 

WHERE=どこで使われているのか

    (WHENと合わせてどんな

     シーンで使われているのか)

 

WHAT=その商品は見込客の何を

     解決するのか

 

WHY=なぜお客様はこの商品を

    買いたいと思うのか

 

HOW=お客様はどのようにしてこの商品を

    使うのか、このサービスを受けるのか

 

HOW MUCH=いくらで提供されているのか、

            その価格はお客様にとってどういう

             印象があるのか(安く感じる、高くても

     価値あるものと感じる、など)

 

 

さらにこれに

 

WHOM(だれに)

HOW MANY(どのくらいの量)

 

というのを加えると、さらに幅広く

キャッチコピーが作れます。

 

 

WHOM=お客様は誰のためにその商品を使うのか

     誰に渡すためにその商品を買うのか

 

HOW MANY=お客様はどのくらいの量

         お使いになるのか、

         どのくらいの回数使うのか

 

商品・サービスにフォーカスした場合

質問については、次回詳しく説明したいと

思います。

 

この5W2H、お客様にフォーカスした

質問バージョンも強力なキャッチコピーを

見つけるのに有効ですが、時間的には

5分もかからずにできるものです。

 

今すぐ、あなたの販売したいと

思っている商品やサービスでこの質問に

答えてみてください。

 

きっと今まで見落とされていた

キャッチコピーの切り札がたくさん

みつかりますよ。

 

ぜひお試しください。

 

 

フェースブックページ