色の組み合わせによるイメージの力を販促ツールに活用する(後編)


チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

今日は前回に引き続き特定の色の

組み合わせで、さまざま印象を

作り出すことができるお話の第二弾

になります。

 

このことを理解して実践できると

チラシやPOPで商品やターゲットに

ふさわしいイメージでで世界観を

表すことができるようになります。

 

あるいはこちらが意図したイメージの

世界の中に見込客を誘導していく

ことができるようになります。

 

今日もまたこの色相環の位置関係

重要になります。

色相環について詳しくはこちら

 

 

この色相環の中の各位置によって

色の組み合わせの名前がつけられて

います。

 

前回は、対決型、準対決型、三角型、

全相型について見てきました。

 

ではまたつづいて

後半の組み合わせを見ていきましょう。


 

◉類似型(るいじがた)


似た色(色相)だけで作られる

組み合わせです。色相環の中の

となりの色と組み合わせる方法

になります。


この組み合わせで作った配色の

パターンはこちらです。

この配色のパターンは、

穏やかなイメージや、仲間だけで

通じるこだわりや、趣味の世界などを

表すことができます。


閉鎖的な印象弱々しい

印象になる場合もあります。



◉同相型(どうそうがた)


同相型は、類似型にも近いですが、

同じ色(色相)の中にある明度や

彩度が異なる、さまざまな色の

組み合わせでできるパターンです。

この組み合わせで作った配色の

パターンはこちらです。

 

同相型の特徴は、類似型の、

こだわりや、仲間内の世界がさらに

強まる形です。

 

限られた対象に呼びかける、

内向的で閉鎖的な世界を表します。

 


◉微全相型(びぜんそうがた)

 

微全相型とは、1つか2つの色

(色相)が全体に広がる中に、

小さい面積で様々な色が加わる

配色です。

 

まんべんなくいろいろな色が

使われる全相型との違いは、

大きな面積で使われる色があること。

 

2番目に大きく使われる色の

面積が大きくなると全相型に

なります。 

この組み合わせで作った配色の

パターンはこちらです。


微全相型は、自然でやさしい感じや、

家庭的なイメージを作ります。


個性が無い、特徴の無い感じ、

頼りない感じにつながる場合

ありますので、注意が必要です。



◉微対決型(びたいけつがた)


微対決型は、同相型や類似型の

配色の中に、対決型と同じように

反対色がほんの少しだけ加わった

です。

この組み合わせで作った配色の

パターンはこちらです。


この微対決型の特徴は、

都会的で洗練されたイメージ

高級感や深みのあるイメージを

作ります。


人工的な感じや親しみにくい

感じにもつながるので注意して

ください。


この微対決型の反対色は、ほんの

数%で効き目があり、全体の2割を

超えてくると対決型の印象に

変わります。



今日も前回の続きで、配色の

組み合わせによって印象の違いを

作り出せることを見てきました。


このように、


キャッチコピーやレイアウトの

要素とともに、配色によっても

イメージを作ったり、コントロール

したりできます。


あなたの販促ツールに必要な、

イメージを作るのに参考にして、

見込客が反応しやすい紙面の作成に

ぜひ役立ててください。







フェースブックページ