わたしがお伝えするたった一つのこと

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

今日はこれさえもうできればあなたの

作る販促物に、自在に強めたいだけ

インパクトを与えることができる方法を

お伝えします。

 

また、その商品、サービスが持つ

世界観を正確に伝られるようになるので

お客様は逆にそのことを意識しないまま

その世界観の中に引き込むことができます。

 

これは、わたしも講義の中でも常に

言ってることでもあります。

 

一番大事な部分ではないかと思っています。

 

究極的には講義を通じて、このことしか

言っていないとも言える部分です。

 

これができてないとイメージが相手に

伝わりにくくなりますし、そのイメージに

合わない部分が必要以上に気になり内容に

まで入りこんでくれなくなります。

 

それは何はというと

 

商品とターゲットの見込み客を結ぶ領域に

イメージや内容を合わせる

 

ということです。

 

 

 

どういうことか少し解りにくいかとも思います。

 

簡単な例で言うと、元気の良い楽しい食品

たとえば子供向けのお菓子などの場合に

 

落ち着きのある明朝体などはおかしいですし

前にお話ししましたグリッドを意識しすぎた

紙面も活気がない形になります。

 

また、高級感のある化粧品などですと

 

紙面に余白が少ないもの

文字も太いゴシック体を使うようなもの

長時間見ていられないような目立つ色の背景

 

などはおかしいと感じますし、違和感があって

その世界にひき込めなくなってしまいます。

 

 

例えばこう言うことの違いになります。

 

極端にしてみた例ですが、このように

違和感がある形になっている場合も

多々あります。

 

いつも同じようにインパクトを出すのに

商品を傾けてやっていると商品によっては

間違ってしまうことがあります。

 

また作っている間で迷うこともよくあります。

 

そういう際には、このパーツ、置き方、

背景はこの商品とターゲットにあっているか

というところを考えてみてください。

 

商品とターゲットを結ぶ領域に

入っているかどうか

 

商品の世界にマッチした販促物は

あなたのメッセージをストレスなく伝える

のに役立ちます。

 

 

動画でも解説いたしました。

 

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

────────────────────────────

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ