チラシには何を入れたらいいの?パート1-3

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

チラシの作り方でまずわからない、と

質問を受けるところで、要素として

「何を入れたらいいか」があります。

 

それを解説してきているシリーズです。

 

パート0 ターゲット設定について

パート1 商品・サービスの特徴・メリット

  1-1 ①商品・サービスの特徴・スペック

  1-2 ②商品・サービスの効果・効能

 

と続いてきて今日は

 

 1-3 ③商品・サービスによるベネフィット

 

について解説します。

 

そもそもベネフィットって何?

とわかるようなわからないようなですよね。

 

英和辞典WEBLIOで引くと

ベネフィットの意味は

「利益、ためになること」などとあります。

 

物質的、金銭的な利益というよりは

どちらかというと

個人の幸福につながる利益というイメージです。

 

こういった意味もふまえながらですが

ここで私がお伝えしたい

商品・サービスのベネフィットとは

 

「あなたの商品・サービスによってお客様の

 人生がどのように良くなるのか?」

 

というポイントです。

 

具体的には

 

・どのような(良い)未来が待っているのか

・どのようなものを取り戻せるのか

・どんな不可能が可能になるのか

・どう変われるのか

・今の不安やコンプレックスを解消できるのか

 

ということです。

 

ではこれはどうやって作ればいいのか?

導き出せばいいのか? ですが

 

想像していても難しいですよね?

 

方法があります。

 

一つ前であげた

パート1−2 商品の効能・効果

から発展させるのです。

 

その効果・効能があるから、

最終的にどんなメリットがあるのか?

 

ということです。

 

 

例えば、

あなたの商品・サービスが何らかの

トレーニングで、その効能・効果が

このようなものだとしましょう。

 

「このトレーニングを受けると

 やせやすくなる、実際やせる」

 

だから、それで

「今まではけなかったジーンズが

 はけるようになる」

 

さらに、だから

「友達から羨望の眼差しで見られる」

「ご主人や彼氏に優しくされる大事にされる」

「カッコいいママと子供に自慢される」

 

ということにがベネフィットになります。

 

お客様は決してあなたのトレーニングが

したいわけではなくて(できたらしたくない)

 

最終的に何らかのプラスの感情を味わいたい。

そこを導くことと考えていただければと

思います。

 

お客様が究極的に得たいメリットは何か

ということですね。

 

こういう形で、商品の効能・効果から

発展させて考えるようにしてください。

 

これは考えて出さなければいけないので

少し手間ですので、取り組めたらじっくり

取り組み、たくさん出せるといいです。

 

難しければ少しでもいいと思います。

 

ただ、最終的にチラシにおいて、

お客さんにどうしても欲しい!と思わせる

キャッチコピーを作れることにつながります。

 

効能・効果ではお客様が想像力を

働かせなくてはならないので

少しぼやけるのです。

 

こうしてできたベネフィットは、

 

「みんながあなたのスタイルに注目!」

「愛されボディを今日から作りませんか」

 

などに加工してチラシで使えるということです。

 

 

 

以上までが、パート1の1-1から1-3で

商品の特徴・メリットのところは終わりです。

 

次に入れる要素をパート2で解説していきます。

 

お楽しみに。 

 

 

 

今日のところ動画でも解説しております。

 

 

 

 

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

────────────────────────────

 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ