(写真のジャンプ率に関連して)写真の大きさによる効果(レイアウト)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

前回の記事でチラシやPOP紙面の

穏やかさ、シャープさダイナミックさ

を作りだす、写真のジャンプ率

ついて解説しました。


その際に文字のジャンプ率の様に

ジャンプ率を大きく変えることで

元気よくなるとは限らない、という

ことをお伝えしました。


それは一体どういうことか、

ということについて少し解説したい

と思います。


写真のジャンプ率で、小さい写真

よりも大きい写真の比率が大きい

場合どういうことがおきるか

ということです。


答えをもったいぶらずに言いますと、

大きくされる写真の印象がそのまま

拡大される、ということになります。


つまり、

穏やかな写真なら

拡大で穏やかさがより強まる。

にぎやかな写真なら、

拡大でにぎやかさがより強まる。


ということです。


これは、もう、結果から見て

感じていただきたいと思います。


穏やかな写真を拡大すると


穏やかさがより強まる。


にぎやかな写真を拡大すると

にぎやかさがより強まる。


このような効果があります。


実は、これは、ジャンプ率と関係

なく、写真を大きくするとどうなるか

ということでもありますが、

 

写真のジャンプ率を調整するときに

当然、考慮しなければならない点

になります。


写真の大きさ、比率を変えることに

よる効果の違い、いくつか見て

きました。


文字による効果と合わせて

写真に関するこれらの特徴も

活かして、見込客が引き込まれる

紙面を作っていってください。


 

 

フェースブックページ