お茶販売店のPOP改善事例

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

あるお茶販売店様ですが

お茶のパックを売り切りたかったところ

なかなか売れず苦慮されていました。

 

そこで、私がアドバイスに入り、幾つか

改善点を伝えて実施してもらいました。

 

まずはその結果から。こちらです。

こちらの売り場の状況はこちら

このような形で展開されているPOPです。

比較的良い場所に置かれれているようにも

思います。

 

とにかく、改善の結果、このように

販売0個(10月)→ 5個販売(11月)

となって効果があったご報告がありました。

 

このお茶のパックですが、

平たい缶に入ったお茶でギフト用のものが

売れ残ってしまったものでした。

 

売れ残り処分するしかないかと

半ば諦めていた商品でした。

 

元のPOPの気になる点としては

 

「限定7缶」はいいとしても

 

「〜くつろぎのティータイム〜」

「お菓子のお供に」

 

など自分もお茶については

それほど詳しくないですが、

どのお茶にも言えそうな

一般的な言葉が使われています。

 

合わせてお菓子のイラストまで入っています。

 

実は、こういう当たり前の言葉って

フックにならない(引っ掛かりが弱い)

ですよね。

 

これはどういう特徴の商品なのか

その特徴があるからどういうメリットが

あるのか。

 

そのあたりを書いたほうが良いので

写真入りで「かわいい缶入り」と入れ

プレゼントに、秋のお土産に最適、と

入れました。

 

前に比べるとまだ、ちょっと特徴を

感じれられる風にしました。

 

さらに前のPOPには入っていなかった

「かわいい」につながる女性店員風の

イラストを入れお茶の特徴を語らせました。

 

その結果、

販売0個(10月)→ 5個販売(11月)

となったわけです。

 

この商品に特有のお客様にとっての

メリット・ベネフィットを考えた

キャッチコピーにする。

 

人の気配があるイラストなど絵的要素で

目を引き共感させる。

 

このあたりがポイントだったと思います。

 

ちなみに、この女性店員のイラストですが

他の商品にも使ったところ、やはり

商品の動きを感じられるそうです。

 

ただ、当方は、あれもこれも全部やると

メリハリと節操がなくなるので、

特に売りたい商品など絞ってというのは

お伝えしました。

 

アドバイスをしたご本人の感想も

いただいております。

 

『キャッチコピーの改善やイラストの

使用についてアドバイスいただき

改善しました。

 

その結果、修正前1ヶ月間販売が

0個だったのが、修正後は1ヶ月間で

5個売れました。

 

このまま売れない商品になるところでした。

POPの効果はとてもあるのだと思いました。

アドバイスありがとうございました。』

 

鹿児島県志布志市 鬼塚製茶 鬼塚由佳子様

 

このような事例もまたご参考に

なりましたら幸いです。

 

 

こちら、動画でも解説しています。

 

どうでしたか? いつも感謝します!

記事が良かったらシェアしてください ♪

  

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

────────────────────────────