音響機器のチラシの改善事例

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

少し前ですがアドバイスしたチラシの

事例です。

 

ある特殊な音響機器を紹介するための

チラシになります。

 

最終のチラシの少し前のアドバイスですが

こちらまず、修正前、修正後

ビフォー、アフターから見ていきましょう。

ビフォーの問題として

 

・キャッチコピーが少しわかりにくか

(専門性の高いものではあるが、

 あまり知識がない人に合わせると良い)

「生演奏を再現」など一つ一つの

 キャッチコピーも適切に伝わるか確認し

 わかりやすく修正すると良いか。

 

・音楽を堪能している人のイメージを

 使っても効果的。

 

・こうした工業製品などは、機能などを

 詳しく解説する部分も必要。

 

・メディアに取り上げられているなど

 があるので、積極的にそれを入れる。

 

・権威性を感じられるコメントも

 載せられるようなら活用する。

 

などのポイントについてお伝えしました。

 

要は、内容的にもデザイン的にも、

わかりやすく、イメージが伝わりやすくなる形を

提案しています。

 

 

 

こちらの事例、また動画でも解説しています。

 

どうでしたか? いつも感謝します!

記事が良かったらシェアしてください ♪

  

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

────────────────────────────