写真の中に文字を入れてスペースを確保する方法

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

今日はちょっとしたテクニックの話を

します。

 

これができるチラシやPOPの紙面を

有効活用できるようになります。

 

チラシ作り始めると、初めは一面埋まるかなー

とか思って書き始めますが、意外と

やっていくと次から次へと書き入れたいことが

増えていきます。

 

で、しまいには

 

スペースが足りない

 

ごちゃごちゃした紙面になってしまう

 

詰まって読む気にならない紙面になる

 

なんてこともよくあります。

 

そんな時に知っておくと便利なことです。

 

 

何かと言いますと写真を使う場合に

その写真に対する注釈を写真の中に収めて

しまう方法です。

 

言葉では何を言っているのか難しいと

思いますので事例を挙げてみますね。

 

こういうことなんですが

左が文章を写真の外に置いたタイプ、

右が文章を写真の中に入れたタイプです。

 

 

十分な紙面がある際は、左の下に

説明があるタイプでも大丈夫ですが

 

スペースが限られている場合に意外と

窮屈になっていく原因になったりします。

 

写真の中に文章を入れることでトータルで

非常に大きいスペースを確保できます。

 

またはゆったりと見せることも可能になります。

 

ここで注意というのは、写真の中に

文章を入れる際にどうすればいいかですが

何パターンかありますのでお見せします。

 

 (拡大してよくご覧ください)

 

このように、いろんな色が使われている

写真の上に明るい文字または暗い文字を

そのまま使うと一部読みにくくなります。

 

それを防ぐために、

 

・ドロップシャドウを使う

・文字に濃淡の異なる縁を入れる、

・背景に濃い色を敷いてコントラストを

 高める

 

 などの方法があります。

 

それぞれに元気良さや上品さ雰囲気が

異なりますので、紙面にあった形も

考慮しながら使うと良いと思います。

 

写真を多用しているチラシの紙面などで

スペースが足りない、窮屈だ、ということが

ありましたら、ぜひこの方法も試してみて

ください。

  

 

 動画でも解説いたしました。

 

 

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

────────────────────────────

 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ