あなたのチラシやPOPをわずか2秒で立体的にする方法(グラデーション、配色)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

今日はですね、あなたのチラシや

POPがどうしても超えられない

二次元のカベをすんなり超えて

しまう方法について解説します。


そうなんです、通常のチラシや

POPは平面で表現されているのが

多いですから、普通は2次元の

ままですね。


普通に配置したり配色したりでは、

なかなか立体的に見えないのです。


そこで、今日お伝えする方法を

採用すると、一気に奥行きが出て

立体感がグンと備わることに

なります。


それもほとんどのソフトで表現可能

ですし、時間もほんの数秒しか

かからないと思います。


その方法とは何か、といいますと

グラデーションを使うということです。


グラデーション、わかりますよね。

こういったものです。




みなさんも好きで使いますよね。


でも、本当にグラデーションの効果を

理解して使っていますか?


その効果としては、もちろん一つは

幻想的な雰囲気をつくるのにも

役立つわけですが、もうひとつは

立体感、奥行きを作りだす効果です。


例えばこのような切り抜いた写真の

背景をグラデーションにすると、

それだけで奥行きが出てくるのが

わかります。



こうした効果を使って


例えば、チラシの例で言えば、

グラデーションを背景に使用して、

立体感を出したり、空間やひろがりを

表現することも可能です。


 

(特にグラデーションを背景で使う場合

 注意しておいた方がいい点として、

 一般的に一番下が濃い配色の方が、

 紙面が引き締まって見えますので、

 グラデーションで下に向けて濃く

 していくか、事例のように、濃い色の

 オブジェクトを下に配置するという

 のも一つの手です。)

 

 

グラデーション使用も効果的ですが、

一つの紙面で使いすぎると安っぽい

印象になりますので、ポイントで

限定してつかうのが良いと思います。

 

今日は、あなたのチラシやPOPを

立体的に、奥行きあるように見せる

すぐれたテクニックの一つとして、

グラデーションについて解説しました。

 


【残席1名となりました】

5月12日開催チラシ作成術セミナー

 

ぜひこの機会にご検討ください。

2015月5月12日 (火)13:30〜16:30 開催

(神田にて予定)定員 10名(先着順)

参加費 定価10,000円のところ

早期割引価格 6,000円(5月10日まで)


実際にチラシのレイアウトを組み

身につけていただくワークも用意。

 

一日でチラシ作成のための知識・技術が

すべてが得られるようご指導します。

 

詳細お申し込みはこちらから

http://nasuno-design-chirashi-seminar.blogspot.jp


フェースブックページ