美容サロンのPOP改善事例紹介

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

 

今日はゴールデンウィーク特別企画

として、POPコンサルティングの

事例紹介をしたいと思います。

 

某美容サロンのご担当者様からの

美容液とその施術の紹介POP

ついて添削アドバイスをさせて

いただきました。

 

こちらが元のPOPですね。


 

老化の大敵「糖化」という

キーワードで、どういうことなのか

説明して、対策商品を宣伝する

POPです。


このPOPの改善策としては、


タイトルとして大きくし、問題提起と

解決策への流れをはっきりさせる

良いのではないかと下記のような

提案をしました。


ドキッとさせて感心引かせる、

そして、どういうことがもっと

詳しく説明して、問題意識を持って

もらい、最後解決策を提案をする。

 

という流れで整理しました。

目立たせるべきところは配色も

注意したりしています。

 

細かいところでは、伝わりやすくする

ために修正アドバイスもしました。

 

まあ、POPであれば長いので、

問題提起で1枚、解決策で1枚と

した方がいいでしょうという

お話もしています。

 

具体的に、コンサルティングの

レポートは下記のようなものを

出しています。



そしてチラシなど1枚でやる場合の

改善例として、試しに作ってみて

こちらをお見せしました。



ここまでのところで元のPOPと

わたしの修正案を比較しますと、

このような違いです。


 

そして、その後、

実際にこの提案をもとにご本人が、

修正されたのが下記になります。

 

結局POPでの使用という事で

わたしからの提案どおり、

「糖化への問題提起」と「解決策」で

2枚に別れた形になりました。

 

 

このようにわかりやすい流れに

したことで、実施した2店舗の合計で

 

1ヶ月の成果で2,000円のシート

パックが27件成約、19,500円の

回数券が17件の成約という、かなり

の数字を出したという事でした。

 

通常のこのような企画と比較しても

かなりの数字が出ていたとのこと、

そしてスタッフからの説明もしやすく

なったというお話がありました。

 

コンサルティングの事例については

またご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

フェースブックページ