見込客を納得させる、写真とテキストの配置方法について

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

今日は皆さんがよく迷われたり

よくわからなかったりするだろう

ポイントの一つについて説明します。

 

これは自分もまさにそうだったので

お役にたてるのではないかと

思っています。


それは、写真の配置をどうするか

という問題になります。

 

写真と文章、右と左、どちらに

置くかという問題です。


これも注意しておかないと、

せっかくのチラシやPOPの

内容が、見込客に伝わりづらくなる

原因にもなり得ます。


早速、左右逆に置いた事例を見て

見ましょう。

 

 

これについては、答えとしまして、

原則として写真・イラストは左、

テキストは右、が適切です。

 

テキストが写真についての

解説になる場合は特にそうです。


反対側だと違和感があります。

(テキストの事例として出す場合は

左にテキスト、右に写真でもよい)


人間の脳は左側に配置されたものを

感覚的に美しいと感じやすい

右側に配置されたものを論理的に

捉えやすい、という性質にもよります。

 

また、人の視線も左から右に

流れるので自然に読ませやすい

というのもあります。

 

いう理由です。

 

そして今度は、写真と文章、

上下どちらに置くのがふさわしいか

ついても考えてみたいと思います。

 

実例から先にみてみましょう。

 

 

上下で配置する場合は、


基本としては、

写真が上で、文章が下の方が良いです。

 

理由は、

 

脳は、写真は軽いもの、

文章の方が重いものと捉えるので

文章が下に置いた方が、安定して

見えるのです。

 

写真とテキスト

左右や上下に置くのにも、

ふさわしい置き方があります

 

そしてこのような理由が

ありますので、見込客に与える

効果もよく考えて配置するように

しましょう。

 

 

 

 


フェースブックページ