見込客が想像しやすい数字に置き換えて比較してもらう方法(キャッチコピー、比較の方法)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

今日はキャッチコピーの表示の

させ方で少しお話してみたいと

思います。


POPやチラシの中で「比較」を

入れて、あなたの商品やサービスに

優位性があれば、お客様は『納得』

しやすくなるので購入につながります。

 

その比較のさせ方で、

よくあるのが、1日◯円です。

とか1ヶ月◯円です

などで比較させる方法です。

 

頭の中で、その見込客が比較する

のは、月額でかかっているものや、

普段よく購入しているような食品

日用品などの金額です。

 

自分が常に触れているものと

比較するのはとても実感があり

考えやすくなります

 

つまり想像しやすいものと

比較できるように置きかえてやる、

という一手間も、見込客を反応

させやすくするために大事です。

 

では

何かコースや、サプリメントなどで

例えば6ヶ月で18,000円の商品が

あったとします。

 

6ヶ月18,000円では、高いのか

安いのか、パッとすぐ判断できない

人も多いかもしれません。

 

では、これが、


1ヶ月あたり3,000円

1日あたり100円ではどうでしょう?

 

日常にだいぶ近づき、検討しやすく

なりました。


さて、ここで、POPやチラシで

表示する時の話になりますが、

 

1ヶ月あたり3,000円や

1日あたり100円はどちらが

安いと感じてくれるでしょうか?

どちらの表示の方がいいでしょうか?

 

 


これに対して答えからいくと

感じ方は人それぞれ、だから

両方入れる方が親切、が答えです。



これもどちらが安いとかんじるか。



こういう一手間で見込客を

考えさせずにリアルに安さなどを

感じてもらうことも大事です。


ただし、比較が3つも4つも入ると

とてもしつこくうるさく感じますので

2つくらいで十分かとも思います。


この例の用に、できるものであれば、

数字を使って比較する、のも

大事ですから合わせて覚えておいて

活用してください。







フェースブックページ