タイトルの文字組みを注意してカッコ良くみせる、だけじゃないメリットが大きい方法(レイアウト)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

今日お伝えするのは、少し実践的な

ことなのですが、あなたのチラシや

POPなどを洗練された見ために

変えるための方法です。

 

今日お話することは、たぶん

注意しなければおそらく、だれも

気付かないような事です。

 

ですがこれが出来ているのと

出来ていないのとでは、

 

あなたの販促ツールが洗練されて

いるかいないかという風に実は

大きく印象が異なってきます。


その違いを作ってしまうのは

一体体何かというと、

 

文字と文字の間の詰めを適切に

行っているかどうかの問題に

なります。

 

文字間の詰めとはどういうもの

でしょうか。

 

通常あなたが見る文章の組み方は、

このブログの本文や、新聞・雑誌

などでも常に見ている形ですが、


それは、どんな文字でも同じ幅で

割り付けられている形です。

 

でも本来文字の幅は、文字によって

違いますし、「。」「、」など

句読点では極端に幅が狭いもの

あります。

 

促音(キャッチの「ャ」「ッ」)も

通常の文字よりは大分幅が狭いです。

 

均等の幅で文字が並んでいても、

長い文章ではあまり違和感ないです。

 

なので、チラシやPOPなどの長い

説明文を詰めていくことまでは

今回考えなくて良いのです。

 

しかし、タイトルや大きいキャッチ

コピーではなぜか、この文字間の

詰めが、印象にとても影響して

しまいます。

 

言葉ではまたイメージが難しいと

思いますので事例で見ていきたいと

思います。

 

ワープロ等で普通に組むとこういう

形になるかと思います。


こちらどこが問題になるかというと

こちらの部分ですね。



特に丸印をしたところが広く

空きすぎてしまっているように

感じるわけです。



全体的にも余裕がある文字間に

なっていてやや散漫な印象も

あります。


これを詰めて行くとこうなります。



全体の印象を比較してみましょう。


微妙な違いですが、だいぶ

画面が締まってきたと思います。


そして、タイトルや大きい

キャッチコピーの文字詰めを行う

もう一つのメリットがあります。


それは、文字をさらに大きくして

インパクトを上げることができる

ということです。


普通に組んでいたら横幅一杯で

あったところ、文字間を詰めることで

左右の余裕ができて、文字をもっと

大きくしても入るようになります。


タイトルなどの文字を大きくして

インパクトを強める選択肢が増える

ということです。



最初のから比較してみましょう。


 

ちょっとの手間でちょっとの

違いになりますが、あなたの

チラシやPOPなど販促ツールを

 

①より洗練された印象に変え

②インパクトが大きい形も選べる

 ようになる

 

この文字間を詰める方法です。

 

タイトル周りや、大きいキャッチ

コピーだけでも構いません、

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 




フェースブックページ