販促ツールのイメージを決める文字の太さと大きさ(レイアウト)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

今日お伝えすることは紙面の

イメージに影響する文字の話で、

これも、ちゃんと使い分け出来て

いないケースもとても多いです。

 

使い分けできてないとチラシなど

販促ツールは、とてもチグハグな

イメージとなり、見込客に違和感

だけ植え付けてしまう結果になります。


気持ちの悪さばかりが残ってしまい

その後の魅力的なオファーまで

読み進もうとしてくれません

 

逆にこれが出来ていれば、

見込客は意識しないまま、あなたが

感じさせたいイメージの世界に

すんなり入りこみます。

 

そして、あなたの商品やサービスを

使ったらと夢見心地で気分にひたり

チラシやPOPをくまなく最後まで

読んでくれることになるのです。

 

それほどの違いを生じさせる

今日お伝えするポイントとは、

 

文字の大きさ細さによる印象の違い

 

になります。

 

そして、そこでの法則は非常に

シンプルでたった2つだけです。

 

大きい文字は元気良さを表し

小さい文字は上品さを表す。

 

太い文字は男性的な力強さを表し

細い文字は女性的な繊細さを表す。


この2つの法則だけです。

 

これも言葉ではハッキリ言って

わかりづらいと思うので今日も

図示しちゃいます。

 

わかりやすくタイトルだけの

文字を変えていきますが、

 

まず、大きくて細い文字の場合

 


続いて、大きくて太い文字の場合


 

続いて、小さくて細い文字の場合

 

 

続いて、小さくて太い文字の場合

 


最後に4つを比較してみます。

このような関係になります。


 

だいたい違いと効果が

わかりましたでしょうか?

 

あなたの見込客に響くのは

一体どんな文字の大きさなのか

どんな文字の太さなのかという

観点が大事です。

 

ただしこれも、元気良さや上品さが

大事だと思ってもやりすぎると

悪い影響が出てきてしまうので

注意が必要です。

 

文字が大きくて太すぎると

がさつで下品な感じになりますし

文字が小さくて細すぎると

存在感がなく寂しすぎます。


 

このあたりも注意しながら、

あなたの見込客を引きつける

適切な文字の大きさ太さ

目指しましょう!

 

 

 

 

 

フェースブックページ