お客様とのなにげない会話を収益に変える方法(キャッチコピー)

 

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

いつもありがとうございます。

 

今日はキャッチコピーの内容

簡単に作れる一つの方法

お伝えします。

 

この方法は簡単に作れるのにも

関らず、見込客を共感させる力が強く

極めて効果が高いので、ぜひとも

取り入れる事をおすすめします。

 

普段の店舗や業務上にちょっとした

注意をしておくと、

このキャッチコピーのネタは

どんどんと増え続けます。

 

見込客を引きつける珠玉の言葉が

あなたの貯蔵庫にどんどん勝手に

積み上がっていきます

 

そのキャッチコピーを作る方法は

何かといいますと、

 

お客様の言葉を利用する、です。

 

 

普段何気ない接客時や対応時に

お客様が発する言葉にはさまざまな

ヒントが隠されている場合があります。

 

実際に商品使ったり、サービスを

利用しているお客様は、こちらが

思い込んでいる以外の効能効果など

メリットを話してくれることが

あります。

 

へーそんなこともあるんだ〜、ふーん。

 

スルーしていてはいけませんよ。

 

宝の山を見過ごしてしまっています。

 

こちらが気がついていないメリットを

発見してくださっているかもしれない

のです。

 

「書いてないけど◯◯って使い方したら

 とっても便利」

 

「なんか2日目からの方が肌の調子が

 いいんだけど」

 

「意外とお父さんが

 使っちゃってるんだけど」

 

「◯◯の時に持って行ったら

 重宝されちゃった」

 

このような言葉を聞けたなら、

実例を伴ったすぐれたキャッチコピー

なるかもしれないです。

 

また、接客等でお客様が何か悩みを

お話しになったりして、それに対しての

解決策の提案をして、成約したり

ご購入される場合もあります。

 

このような悩みを持っている

お客様がいるということは他にも

同じ様に感じている方がいる

可能性も大きいです。

 

そして同じような悩みを持つ

見込客に共感させることができる

はずです。 

 

成約に結びついたお客様の悩み

ここもキャッチコピーポイントですよ。

 

ぜひ、この言葉を逃さず、絶対

忘れちゃいますから、メモをとる

習慣も大事ですね。

 

もし、対面でお客様とお話をする

機会が作れないなら、アンケートを

とって内容を活用する、という方法

あります。

 

ぜひ、このお客様の言葉を利用する、

ということ、ぜひ使ってみてください。

 

シンプルな方法ですが

わたしも経験からも結構有効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ