チラシやPOPをキリッと引き締めたいなら!優れたテクニックがあります!!(レイアウト:四隅を抑える)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

なんか最近わたし残念ながらギャグ系の

記述が少ないのですが、デザイン制作が

立て込み頭がパンパンで余裕ない

みたいです。

 

余裕できたら、あなたが求めていようと

求めてなかろうとオヤジギャグ方面に

自然と傾くことになりますので

よろしくお願いします。(何の挨拶?)

 

いずれにしても、面白かろうと

面白くなかろうと、あなたにとって

役に立つことだけを書こうと思って

ますので、ぜひ楽しみにしてください。

 

そんな主張はどうでもいいとして


今日のお話は、やっぱりなぜか

みんなに聞くと、だんぜん人気の高い

レイアウトのお話、を一つしたいと

思います。

 

今日お伝えすることができてないと

あなたの作るチラシやPOPは、

いつまでたっても、同僚や上司から

 

「なんかメリハリがないし、

 締まりがないんだよな〜」

と言われて悔しい思いをし続けます。

 

見込客もぼやっとしているのを感じ

「なんか素人感満載だよね」とか

内心せせら笑いながら思っているのに、

 

あなたに対しては、作り笑顔で

「へーっ素敵なチラシじゃない」

なんて言うのを、いつまでもいつまでも

真に受け続けることになります。

 

しかし、これが出来ていれば、あなたは

プロと同じセンスを手に入れることが

できるので、同僚や上司やお客様の

あなたに対する評価も激変します。

 

チラシやPOPについての相談は

あなたにしなくては、と誰もが思い

 

見込客もプロがつくったものと

いつまでもいつまでも信じ続ける

ことになります。

 

それくらいの違いを作る今日の

テーマですが、それは何かというと、

「四隅を抑える」効果を活用する、

ということになります。

 

これは一体どういうことなのか?

 

まずはまた、

具体例でみてみましょうか。

 

このような事例があったとします。

 

う〜ん、なんとなく、どこがどうと

いうのは無いかもしれないですが

改善例を見れば一目瞭然です。


では、いきなり、改善例を見てみましょう。


いかがでしょうか?

 

画面がピリッと引き締まってきたのを

感じるでしょうか?

 

これが四隅を抑えるという効果です。

 

このように四隅を抑えるのは、文字でも

写真でも、図形でも、文章でも、ロゴや

マークでも、なんでも構わないです。

 

さりげなく、小さな図形や、細かい文章

を置く方が効果を発揮したりします。

 

新しく四隅を抑える要素を追加しても

いいですし、もちろん今紙面の中にある

パーツを活かすのでも良いです。

 

四隅の位置にあればいいですし、

1カ所2カ所くらい空いていたとしても

ちゃんと効果を発揮します。

 

この四隅は厳密にはどの位置なのか?

 

もちろん

用紙自体の四隅ではありません。

 

感のいいあなたはもうお気づきかも

しれませんが、

 

そう、答えは、以前こちらでご説明

している版面線の位置ですね。

 

 

前のブログの中でも版面線の位置に

あわせることが整って見えるコツという

話をしています。

 

おさらいで

版面線をもう一度見てみましょう。


 

特にこの版面の角だけを抑えることで、

紙面を急速にキリリと引き締める効果

あるのです。

 

もしもあなたのチラシやPOPの

レイアウトがぼやっとしているなと

思ったら、この、四隅を抑えることを

ちょっと意識してみてください。

 

グッと印象が変わりますよ、

やってみてくださいね。



 

 

 

 

 

フェースブックページ