POPで今スグ収益を上げる方法を公開します。(POPの展開について)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。

 

いつもこのブログではできるだけ

販促に即効性のあることそれに

つながることだけを書きたいと

思っています。

 

今日の話は、まさにスグに効果が

あがる方法です

 

やれば今日から収益があがりますし、

来週にはかなりの収益増を体験する

ことになると思います。


商品によっては、月に数十万円の

売上増にもつながるでしょう。

 


それは、特に施術などがメインで

でも物販もしたい、というような

店内・サロン内のPOPについて

の話になります。

 

先日のセミナーでお話ししたこと

でもあるのですが、

 

 

これはでも、言うのも申し訳ない

くらい簡単で当たり前すぎること

なんです。


でも実際はできていない方が

多すぎる、そういうお話です。

 

それは何かというと、

2つというか2段階あるのですが、

 

一つ目は、商品名と価格を表示すること

二つ目は、キャッチコピーを入れること

 

になります。

 

 

えっ???

 

 

当たり前すぎますよね。

 

そうなんです、でも、

 

まず一段階目の価格表示ですが、

本当にできていますか?


「商品のパッケージやボトルが

素敵だから飾るだけでもかっこいいし、

パンフレットも置いてあるんだし

聞かれたら答えればいいから」

 

「値段を入れると売りたい気持ちを

アピールしてるみたいだし、ダサく

なるようにも思えて」

 

とか思って、出来ていなかったり

するケースって結構あります。

 

単純に手がまわらなっていない、

ということもありますが、ここは

ぜひ入れる様にしてください。

 

本当にオブジェとして置くつもりなら

書かないのもありだと思いますよ。

飾りなんですから。

 

でも少しでもその商品を販売したいと

思われているのであれば、必ず入れる

ようにしてください。

 

ダサくなると思うのであれば

ダサくない方法で書けばいいのです。

 

今のあなたのお店の状況はこんな

感じかもしれません。

これでは、きれいなボトルがあって

殺風景ではないわけですが、


商品が無言でたたずみ、お客様も興味を

持とうにもどうしたらいいかわからない

状況です。聞いていいのか悪いのか。


でも商品名・プライスを入れる

と言っても、、


こんなことをやってしまうと

確かにダサいですし、雰囲気を

壊してしまいます。

このような商品の場合、


文字の特徴にも関るのですが、

大きい文字は元気良さ、太い文字は

男性性が表現されてしまうので

そういう意味でも不適切ですね。


(色も目立ち過ぎですよね。)


だから下のこういう感じでも

いいのではないでしょうか、

商品名と値段は、わかればいいんです。

例えばこの商品なら、

雰囲気を壊さないようにすれば

いいので用紙も小さく文字も

強すぎないようにですね。


丁寧に書ければ手書きでも、

また統一感を持たせて主張させない

ように表示させたいなら、

ワープロソフト使ってもいいです。


プライスの置き方、貼り方は、

あるいはこうやって下に置く形でも

いいですよね。

とにかく、このことで、お客様、

見込客はこれが何なのか、そして

一番気になる値段は何か?という

ことがわかるようになり、


最初に感じるフラストレーションは

取り除ける形にはなりました。


そして、これだけでもいままで

無かった販売が開始されるはずです。


しかし、これでもまだ1段階目です。


これでは、まだ商品とお客さんと

あなたの間に距離がある状況です。


それを一気に埋めるために

次にやってほしいのが、


キャッチコピーを入れること。


例えばこのような形です。

キャッチコピーに入れるべきことは

この場合、ほんの一言でいいし、

その方が読んでもらいやすいです。


絞って2行または3行くらいまでで、


「特徴(成分・製法・話題など)+

 それでどうなるのか、どんな味か

 どういう使い方をすればいいのか」


だけを簡単に書くようにしてください。


パンフレットやインターネットがあれば

その中で使われている言葉でまったく

構わないです。


しっかりした用紙を使い、

手書きでも構わないです。

ただ丁寧に書くようには

してください。


もし、うるさいと感じたら、

売りたい商品、話題の商品にしぼり

間引いてキャッチコピーの数は

抑えても良いです。

もちろんキャッチコピーが入ることで

商品の特徴がわかり、これだけでも

売上があがるので、たくさん置きたく

なる気持ちにもなります。

(量販店などではその使い方でも

 もちろんいいです。)

 

でもサロンなどにおいては、

見ためも大事というのもありますし、

このキャッチコピーにはじつは隠された

大事な役割があります。

 

それは、何かというと、

 

お客様・見込客とコミュニケーションを

取りやすくするツールとしての役割です。

 

この商品が気になる、もっと知りたい、

となっているお客様が、あなたに

聞きやすくするために置かれるだけの

もの、くらいに思ってもよいです。

 

商品をもとにコミニュケーションが

始まれば、これらの商品が売れる

可能性は飛躍的に高まると考えて

良いです。

 

なぜなら、あなたに何か聞く

時点では、もうお客様は心の中で

財布に手をかけている状況かも

しれないのです。

 

最後、購入のために、直接あなたに

聞いて確かめ、納得したいだけ

だったりするのです。

 

もしも、このような気持ちになっている

お客様がいて、あなたがそのための

ツールを用意しなかったら、とっても

もったいないですよね。

 

そして、こういう商品からでも

コミュニケーションが始まれば、

高額の施術へ誘導することなども

比較的容易になります。


見込客は納得して喜び、あなたも

売上がどんどん増えて喜ぶ状態が

実現します。

 

 

そんなわけで、

今回は今日から確実に売上が上がる

即効性のあるテクニック・考え方

紹介してみました。

 

やり方をもういちど整理しますね。


①販売するつもりのあるすべての商品に

 商品名と価格をつけること。

 

②全部か雰囲気を重視して数をしぼり、

 キャッチコピーのPOPをつけること。

 

1アイテムにつき数分で終わる作業で、

高額品であれば来週には数万円単位で

売上が変わってくると思います。


ぜひ、やってみてください。

 

(そしてわからないことが

 ありましたらどうぞ聞いてください。)

 

当たり前ですが、かなり効果の

高い方法なので、あなたの報告も

ぜひお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ