あなたのキャッチコピー、できるだけ具体的にね(キャッチコピー)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。


ーーーーーーーーーーーーーーー

チラシPOPなど販促ツールの

価値ある無料コンサル実施中、

限定3名様(残1名)ご希望の方は

今日まででーす。詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日はキャッチコピーに関連して

お話をしたいと思います。

 

とにかく、ぼんやりしてしまうんです。

 

あなたのキャッチコピーもわたしの

キャッチコピーも。

 

それも普通に強いキャッチコピーを

作ろうとすればするほどそうなって

しまうんです。


そこにおちいってしまうんです。


どういうことかと言いますと、


見込客にとって強い印象を与える

キャッチコピーを作ろうとします。


そうすると、考えて考えたあげく


最高の製品、とか

究極のメニュー、とか

極上の空間、とか

◯◯商品群の中でベスト、とか

業界最速でお渡しします、とか

驚異的な生産性、とか


とか言ってしまいがちです。


それはいけないのか?ですが、

はい結論からいくと、いけないんです。

 

最上級の表現などは、書いている方は、

とても強い言葉と思っていて、

できた!どうだ!!と言いたくなる

くらいかもしれません。

 

しかし、内容をよく知らない見込客は、

今ひとつぼんやりと感じてしまいます。

 

どうでしょうか?

じっさいに上の言葉だけで何か

明確にイメージできるでしょうか?

 

そうしてもう一つ、こうした言葉は

使われすぎていて、陳腐な印象すら

あり、逆に嘘っぽいなとか、信憑性が

ないと感じるのです。

 

どうしたらいいかですが、

 

まず、キャッチコピーで大事なことは

いくつかあり、

 

見込客の興味を引く書き方

することや、見込客にとって何が

利益になるのかをきちんと伝えることも

必要ですが、

 

そしてそれらを具体的に伝えるという

こともかなり大事なことです。

 

具体的に書くことで見込客を

グンと引き込むことができます

  

具体的に書くための方法としては 

一つは数字を入れること

これは以前お話ししました。

 

上記の表現で言えば、たとえば、

 

当社比15分短縮を実現、

注文後30分以内にお届けいたします。

とか

原材料に△△産◯◯と××産◯◯を

1500mgずつも贅沢に使用、

 

など

 

なぜ最速なのか、どう最高なのか、

見込客がイメージできるように

具体的に具体的に書くということ、

これが大事になってきます。

 

最上級の表現以外でも

 

丁寧な対応

豊富に取り揃えて

幅広い層から指示されて

 

みたいなのも、どう丁寧なのか

豊富というのが何が何種類なのか

幅広い層というのが、年齢層や職業で

どういう層なのか、具体的に書くこと、

 

これが、あなたの書く言葉を、

見込客のハートに深く突き刺さる

キャッチコピーに昇華させるための

方法になります。

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ