販促ツールでお返ししたくなる気持ちをしかける(返報性)

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの

那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつく

ブログです。


今日の話題は、特にチラシなどの販促

ツールに限った話ではないですが、

効果があるので、販促ツールにも

使わない手は無い、というものです。

 

それは何かと言いますと


人は何かもらったり恩恵を受けたり

するときに、お返ししたくなる、という

習性を利用するものです。

 

この習性を「返報性」と言います。

 

何かをプレゼントされると

そのお返しに何か買いたい気持ちになる。

これはとてもキキメがあります。

 

日常目にする所で、これが使われていて

わかりやすいのは、スーパーの試食や

試飲のコーナーですね。

 

鉄板でお肉やソーセージを焼いて

試食してもらう、気に入ったら

買ってもらう、ものですよね。


ですが、一定の割合で、もらったら

お返ししないと、と思って買う人が

いるのです。

 

見返りを期待せずに与えれば

与える程効果があります。

 

なので、例えばチラシなどでも、

次のものを検討できるのであれば、

加えるのも手かと思います。

 

無料体験(会)

無料体験学習

無料相談

サンプルプレゼント

ワンコイン◯◯◯

試供品プレゼント

〜ご招待

モニター募集、

記念日のプレゼント進呈

誕生日のプレゼント進呈、

来場者お菓子つかみどりなど

 

できれば

「こんなものをくれるの?」

相手が価値があると感じる

くらいのものをプレゼントできると

とてもいいです。


 

他に、店内のPOPでも、

「サンプル差し上げますので、

 スタッフにお声掛けください」

というのもいいですね。

 「ご自由にお取りください」

でもいいですが、「お一人さま◯個まで」

としても時々大量に持って行く方が

いたりします(かなりイラっときます。)


それに、スタッフに声をかけてとする方が、

接客・カウンセリングに発展しセールスに

つながることにもなります。

 

ぜひ、先にちょっとしたプレゼントを

渡すしかけを販促ツールの中に入れる

いうことも検討してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ