ここも重要です!テストに出ます。グループ化のテクニック

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつくブログです。

 

今日お伝えしたいテクニックも、

さまざまなカテゴリーの情報を一枚で

伝えたい時には特に重要な考え方です。

 

早速このようなメニューの事例で

見てみましょう。

 

どうでしょうか、

 

メニューだというのはわかりますが

どこをどうみたら良いのか迷いますね。

 

自分が必要としているメニューが

どこにあるのか一瞬で探せないですね。

 

文字や画像などを、ただならべただけの

レイアウトは、見る人にとって、

内容がわかりにくく、混乱を生じ

しまいます。

 

このような時に活用すべき販促デザインの

テクニックがグループ化です。

 

グループ化とは、文字や画像などの

要素を関係のあるものどうしでまとめること。

 

グループ化を行うと情報が整理され

とても読みやすくなり、選んでもらいやすく

なります。

 

グループ化にはいくつか方法があります。

 

◉一つ目は

 

グループごとにまとまりを作り、

間に充分なスペースを作ること。

ちょっとわかりやすくなってきましたね。

でも、さらに、と言えば、小見出しに変化を

つけるとさらにわかりやすくなりますので

それもやってみましょう。

これが一つ目の基本ですが、


次に

◉2つ目


罫線で区切る方法

これは、小見出しなどもそのまま

使った形で活用することが出来ます。

 

カテゴリーごとに

 

小見出しがこういう色で、

メニューはこういう大きさで、

 

というルールが明確になっていること

グループ化で大事です。


それぞれのグループを四角く罫線で

囲む方法も、スペースが充分あれば

有効です。

 

そして

 

◉3つ目の方法

 

四角い台などのエリアを作って

同じグループを入れる方法

このように、台に入れるという方法は、

要素すべてが完全に入っていなくても


ひっかかっているだけでも同じグループ

として認識されます。


上記、組み合わせて、使うことも多々

あります。


グループ化のテクニックは、グループ化

できる情報がある場合は、必ず使った

方がいいテクニックになります。


お客様に選んでもらいやすくするための

グループ化のテクニックを、ぜひ活用

してみてくださいね。



フェースブックページ