欲求を刺激する販促ツールを作る

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促ツールコンサルタントの那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつくブログです。

 

今日お伝えすることは、ほんと書くのも

申し訳ないくらい、当たり前のことで

 

みなさん頭ではわかっていますが、

いざ、販促ツールを作る際には、

抜け落ちてしまうような問題です。

 

それは何かというと

 

お客さまの基本的欲求を捉える

 

ということです。

 

欲求にフォーカスしたキャッチコピーや

イメージを使うということです。

 

人間の欲求には

 

①生存の欲求、楽しく長生きしたい欲求

②食べたい・飲みたい欲求、

 飢えや渇きを避けたい欲求

③痛みや恐怖を避けたい・取り除きたい欲求

④快適に暮らしたい欲求

⑤異性に好かれたい欲求

⑥他の人に負けたくない欲求

⑦社会的に認められたい欲求

 

などがありますが、

 

あなたの作った販促ツールが

これら欲求にフォーカスした内容・

欲求を喚起する内容になっているか

という問題です。

 

飲料をただ宣伝するのではなくて

夏の暑い時期であれば、渇きが

癒せることをイメージさせるかどうか、


ソファーをただ紹介するのではなくて

ふかふかの快適な座り心地を

アピールできているかどうか。


こういうようなことです。


実際に欲求にフォーカスした

キャッチコピーに変えたとたんに

売上が伸びるということもよくあります。


先ほどの人間本来持っている欲求

誰もが必ず持っていて、消し去ることは

難しいので、ここを刺激できるととても

パワフルです。


販促ツールでももし使えるならば

積極的に使わない手はありません。


(もちろん、直接的な表現が敬遠される

 場合もありますので、そこだけは

 注意も必要です。)


あなたの販促ツールを見直してみて、


その観点で先ほどの欲求一つ一つに

訴えられるポイントがないか

改善できるとすればどう変えるか、


についてぜひ考えてみてください。







フェースブックページ