いろいろな情報の伝え方について

チラシの集客力、POPの収益力を

30%以上!増加させるデザインの

テクニックをアドバイスしています。

 

販促物コンサルタントの那須野です。

 

読むだけで販促デザイン力のつくブログです。

 

販促物などを作らなければならない時に

どうやって表現したらよいかわからなくなることは

よくあることと思います。

 

そんな場合にも、

 

今日お伝えすることをしっておくことによっても

あなたのデザインする販促物の表現力の幅

どんどんと広がってきます。

 

この考え方を身につけ、思考を柔軟に

することで、様々な販促物を表現する際の

アイデアを簡単に広げて行く事ができます。

 

そういった

お話をしていきたいと思います。

 

それは何かと言いますと、さまざまな

情報の伝え方を知っておくということです。

 

販促物、広告物で情報を伝えたい時

 

伝える方法としてはどんな方法をまず

思いつくでしょうか?

 

通常、私たちは、入れるべき情報として

商品名、特長、イベント内容、日程、価格など



文字情報をメインに考えがちだと

思います。

 

ですので、もちろん

 

伝える方法の1つ目としては、

 

◯文字による情報伝達

 

になります。

文字情報は、左の長い文章のように

読み進めてもらい、ゆっくり伝わることを

目的としたものもありますし、

 

右のように、インパクトを与える色と形によって、

一瞬で伝わるようにするキャッチコピーのような

文字情報もあります。

 

このように、文字情報にも様々な伝え方

あります。

 

 

 

◯伝える方法の2つ目は、写真や、グラフ、

イラストというビジュアルで伝えるという

方法です。


写真などのビジュアルの情報は、

 

・一瞬で伝わる、

・直感的に伝わる

 

というのが大きな利点です。

 

グラフなども状況を一瞬で伝えるのに

効果があります。

 

流れを理解させるために、

チャートなどを活用する方法もあります。

 

 

このように

 

販促物は、通常、

 

文字情報

(写真、イラストなどの)

ビジュアルによる情報

 

で構成されます。

 

そのそれぞれの情報伝達方法にも

さらにさまざまな方法に分類できると

いうことです。

 

こうした様々な情報伝達方法があるので、

 

効果的な販促物をつくるために、情報を

どのように伝えるか考えて、

 

テーマによって効果的な方法を組み合わせ

レイアウトしていくことが大事になってきます。

 

 

 

────────────────────────────

完全無料!登録カンタン!

 

解除自由!

 

絵心ゼロ・文章力ゼロでもOK!

今日から「売れる・集まる」販促物を

作れるようになる方法!

 

Nasunoデザインワークスの

「販促でざいん」無料メール講座に参加する!

──────────────────────────── 

 

 

 

 

 

 

 

フェースブックページ